• 金. 9月 30th, 2022

ノックエアーがヤラー県ベートン国際空港発着便を2022年10月末で廃止に。

Byサイト運営

9月 19, 2022

ノックエアーは、ヤラー県ベートン国際空港発着便を2022年10月末で廃止すると発表しました。

ノックエアーは、ベートンでのノックエアーとツアー事業との協力プロジェクトの第2段階が10月28日に終了すると、ベートン便を中止する予定としています。
航空会社は冬の間、他の国内便のために飛行機が必要になると主張しています。

ノックエアーは、ベートン発着の直行便を2段階で販売しており、1回目は4月29日から7月29日まで、2回目は7月31日から10月28日までとなっています。
運営費、特にジェット燃料費の高騰により、同社は損失を被っていました。

一方担当者は、特定の条件が満たされれば、将来的にベートン便を再開する可能性はあると言及しています。

ノックエアーは、プラユット首相が3月14日に、このベートン国際空港の開港式を行った後、急遽フライトをキャンセルするという行動をとっています。
今回の決定は、当初からこの不採算路線に消極的だったのではないか?とうがってみてしまう一面もあります。

新規開港したばかりのベートン国際空港で、ノックエアーが相次いでキャンセルに。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP