• 土. 10月 8th, 2022

空き地を「偽装農地」にして税金逃れ。行政が取り締まりを強化。

Byサイト運営

9月 16, 2022

空き地への税金の逃れのために、土地所有者が偽装農地としているかどうかの裁定を、地方自治体の権限で行使できることを財務省は明らかにしました。

この発表は、多くの土地所有者が支払いを避けるためにいわゆる「偽装農地」としている場合、2019年の土地建物税法の施行でどのような判断を下すのかという質問に答える形となりました。

2020年1月1日に施行されたこの法律は、未使用または放棄された土地の所有者は、資産価値の0.3%の税金を支払わなければならないと述べていますが、農業に使用されている土地では、わずか0.01%から最大0.15%までに減額されます。

法律が施行された後、一部の土地所有者は、特にラチャダーピセーク、ラマ9世、エカマイ道路沿いのバンコクの一等地で、バナナ、ライム、パパイヤなどの比較的栽培のしやすい作物を急遽植え始めました。

同省は、土地の農業利用の要件に関する財務省の発表を参照するよう地方自治体に助言しました。
これには農地として栽培が認められた51種類の作物と、「真の農業目的のために栽培されている」と見なされる 1 ライあたりの最小数が規定されています。 . .

たとえば農地として認定されるには、1ライあたり少なくとも200本のバナナを栽培する必要があります。
パパイヤの場合は175本、ライムの場合は50本です。

このあたりに土地を持った人など、溢れるほどお金をもっているだろうに、せこい話しです。
バンバン、税金搾り取ってください。

写真はイメージです

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP