• 土. 10月 8th, 2022

タイ南部のコンビニでテロリストが忘れてしまった爆発物を発見!

Byサイト運営

8月 28, 2022

タイ国境近くのナラティワートにあるコンビニエンス ストアのスタッフは、店内に爆弾が置き忘れられているのを発見しました。

8月26日金曜日、イーンゴー地区のセブンイレブンで商品の検品中に、スタッフが生理用ナプキンの棚から針金が突き出たバッグを見つけ、すぐに警察に通報しました。

爆発物処理(EOD)担当官のチームがすぐに店に到着しました。
リモート爆弾の可能性を懸念し、信号妨害システムを作動させその地域の通信信号を遮断した後、処理班が不審なオブジェクトを処分するために中に入りました。

袋を慎重に開けると、重さ約 0.5 キログラムの手製の爆発物が見つかりましたが、そのタイマーは作動していませんでした。
EODの関係者は、この装置は殺傷能力的には強力ではありませんでしたが、発火する可能性があると分析しています。

この装置を設置した人物は8月17日の夜にヤラー、ナラティワート、パッタニーの各県でセブンイレブンやガソリンスタンドを次々と爆破したグループのメンバーである可能性があると当局は考えています。

反乱グループは、地域経済の象徴とみなされるコンビニエンス ストアを特に標的にしていると当局は考えています。

これまでのところ、4人の容疑者が攻撃に関連する尋問のために拘留されています。

反乱グループ、特にBarisan Revolusi Nasional (BRN) は、独立を求めて2004年以来、タイ政府軍、役人、経済目標に対して銃や爆弾による攻撃を行ってきました。
現在までに、このようなテロ行為により7,300人以上の命が奪われています。
マレーシアが促進した政府と反政府勢力の代表との間の和平交渉は、何年にもわたって断続的に行われてきましたが、ほとんど進展がありません。

タイ南部3県で起きた同時多発テロで犠牲者。襲われたセブンイレブン内で焼死体。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP