• 水. 8月 17th, 2022

ジョーと力石のEP.が現実に。試合で亡くなったパンペット選手の対戦相手アンソニー選手が引退を表明。

Byサイト運営

7月 25, 2022

これは正に『あしたのジョー』の中のジョーと力石を彷彿とさせるエピソードで、悲しいのは現実のお話しだということです。

フランスのボクサー・アンソニーTFは、彼の対戦相手であったパンペット・パドゥンチャイ選手の死後、選手としての引退を発表しました。
アンソニー選手は、パンペット選手の死に深くショックを受けており、再びリングに戻ることはないと語っています。

7月15日にトゥーパテミー空軍ボクシングスタジアムで行われたで試合で、回転する肘でノックアウトされてから9日後の23日土曜日、パンペット選手(25歳)はバンコクの病院で脳損傷で死亡したことが確認されました。
彼は東南アジア競技大会や世界アマチュア選手権など、タイの国際レベルでメダルを獲得するほどの選手でした。

ムエタイの試合で負ったダメージでタイ人選手が死亡。

この死は格闘技の世界に衝撃を与えただけでなく、トーナメントでの医療体制に対する懸念を引き起こしました。

アンソニー選手は、パンペット選手が80戦のキャリアの中で蓄積された脳損傷が、悲劇の一因となった可能性があるとも言及しています。
しかしながら、彼の死に対する責任を否定することはできないとも付け加えています。

「もちろん、私は部分的に責任があると感じています。誰も私の頭からそれを取り除くことはできません。あなたのメッセージ、電話、コメントが今のところ私を慰めているとしても、私は深く悲しいです、それは説明できませんが、それは運命であり、私はそれに対抗する権利がありません」そのように語っています。

彼は、パンペットが安らかに休むことを望み、また彼の家族の世話をすることを約束したと述べています。

「私は彼が今平和に休んでいることを願っています、そして私にそれを必要としないと言われるまで彼の母親、妻と彼らの小さな女の子を財政的に助けることを誓います」と述べています。

「これは私の28回目の戦いでしたが、残念ながら最後の戦いでした。私には力がないからではなく、信念があり、それに固執しているからです。私の最初からそこにいてくれたすべての人に感謝します。私をトップに迎えるために多くの犠牲を払った人がいることを知っているので、今回の決定は申し訳けなく思っています」

彼に対するコメントの多くは彼に穏やかになって欲しいと促すものでした。
あるコメントでは、彼に戦いを続けて、パンペット選手に敬意を表してチャンピオンになるよう頑張って欲しいとエールを送る人もいました。

もっと読みやすいように短くまとめようかと思いましたが、できませんでした。
ただただ、涙が流れて来てしまいます。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP