• 木. 12月 8th, 2022

タイで最も長生き(?)した皇族ピーサデー・ラチャニー殿下が崩御。御年100歳。

Byサイト運営

7月 25, 2022

タイで最も長生きした皇族の一人とも言われるピーサデー・ラチャニー殿下が、7月23日土曜日シリラート病院で100歳で亡くなりました。

葬儀は日曜日17時にベンチャマボピット寺院(大理石寺院)で行われます。
葬式自体は、7日間にわたって行われます。

彼はラーマ9世の治世以来、最も尊敬された王室の一人でだったと評されています。

1922年1月20日生まれのピーサデー・ラチャニー殿下は、ラチャニー・チャムチャラス(ピタヤーロンコーン大王)の息子として生まれました。
ピーサデー殿下は、サイアムの最後の副王であるボウォン・ウィチャイチャーン殿下の孫にあたります。

殿下はモンクット王(ラマ4世)と彼の兄弟であるピンクラオ副王の曾孫でもあります。
姉には、ウィバワディ・ランシット王女がいます。

若い頃、彼はテプシリン校とワチラウッドカレッヂを経て、ロンドンのダリッチ大学に入学しました。

彼はすぐに海外での生活に適応し、特に第二次世界大戦中、イギリス軍の兵士、村人、スパイを務めました。
タイが枢軸国として日本に加わったとき、タイの市民、特に英国や米国のような連合国に住んでいた人々は困難に直面しました。

英国に住む多くのタイ人は、英国陸軍に加わりました。
自由タイ運動は後にタイの枢軸国に抵抗するために組織され、ピーサデー殿下はイギリス陸軍に加わるために他の人々を募集しました。

彼は地下国民運動のメンバーの一人として活躍しました。
それらは、この地域の連合国にとって重要な軍事情報源となりました。

1945年に日本が降伏した後、自由タイ運動はタイが中立国であることを認められるように働きかけました。

2011年農業哲学者賞を受賞しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP