• 木. 8月 11th, 2022

バーンセンビーチではお酒やたばこが禁止に。その前にゴミ問題をなんとかして!

Byサイト運営

7月 21, 2022

チョンブリー県当局は、バーンセンビーチでの飲酒と喫煙を禁止し、観光名所としてモデルとなるよう計画しています。

タイ健康増進財団は、バーンセンビーチをアルコールやタバコのない観光地にすると発表しました。

このプロジェクトでは、観光客に良い環境を提供するため、受動喫煙のリスクを減らし、酔っ払った人々からの暴力などによるトラブルを排除することを目的としていると説明しています。

タイ健康増進財団は、年間8,278人が間接喫煙で死亡し、すべての交通事故の25%が飲酒運転により死亡していると主張しています。

このプロジェクトを推進するにあたり、ブラパー大学からは1,000人以上の学生がキャンペーンに参加することを志願しています。
彼らは、地元の人々、売り手、旅行者にこのプロジェクトの重要性を理解させ、協力させるキャンペーンを実施していきます。

パタヤ市の当局者は、バーンセンでは地元の人々や訪問者の協力を得て、この地域にアルコール飲料やタバコを持ち込まないようにさせたいと述べています。
ビーチでアルコールやタバコを吸った人は、最初は警告が行われます。
それでも規則に従わない場合は、罰則に直面する可能性があります。

いつも立派なルールや規則を作りはするのですが、要は守らせる側が本気かどうかですね。
利用者が率先して、このような規則を守ることは甚だ疑問です。

その前にゴミ問題をなんとかして欲しいですね。
パタヤのビーチよりも数倍汚れた砂浜と海に、とても行く気になれません。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP