• 木. 8月 11th, 2022

タイの有名子供用品メーカー「ロッキングキッズ」が7周年。チャイルドシート義務化に商機。

Byサイト運営

7月 3, 2022

タイの有名子供用品メーカー「ロッキングキッズ」が7周年を迎えました。
育児をされるお母さんのために、
24時間年中無休のマーケティングキャンペーンを行います。
食事、寝具、旅行の3つのカテゴリーで、子育てに役立つアイテムを紹介したします。

2022年も後半突入
サプライズマーケティングキャンペーン!

 

「ロッキングキッズ インターナショナル は、母親と赤ちゃん向けの高品質な製品のメーカーおよび輸入業者です。
イギリス、ドイツ、韓国、アメリカなどの主要国から、Rocking Kids、Ggumbi、Qtus、Apramo、Unilove、Miniware、Todbi、Bibadoなどの有名なブランドを選びました。
事業は7周年を迎え、8年目に突入しました。
今後は、セレクトショップのリーダーシップを強化するため、母子商品の輸入販売を行う子育てにアイテムを3つのカテゴリー(食事、寝具、旅行)に分けてマーケティングを行っていきます。

 

キャンペーン名は「ママヘルパー24時間年中無休」です。

今年「ロッキングキッズは3つのグループから7つの新製品を選択しました。
製品(1)Apramo 24:7新生児用カーシート(2)年長の子供用カーシートModul MAXモデル(3)Apromo Modulミニベビーカー(4)QTUSSportシリーズのバランスバイク(5)APRamo FLIPPAブランドの限定版ポータブルダイニングチェア(ロックスターブラック&ゴールド)(6)Essian Bumper Cushion、ベビーベッドピロー、(7)Essian Rabiit クールマットセット(防水)など。

同社の最高財務責任者であるパリン氏は、「ロッキングキッズ」というニッチマーケットである顧客とのコミュニケーションに焦点を合わせます。
それは具体的には「母親」であり、92%以上が子供について購入する場合の決定権者です。
新世代の母親は、ソーシャルメディアを駆使することが多いデジタル時代の母親です。
「ロッキングキッズは、オンラインチャネル(ソーシャルメディア、ウェブサイト、ブログ)、オフライン(ストア、展示会)を通じた口コミにより、有用なコンテンツでターゲットオーディエンスに正確かつシームレスにPRしていきます。

「ロッキングキッズ インターナショナルの最高経営責任者であるソムポーン氏は、次のように結論付けています。
売上高とチーム開発の両面で今年の後半、「ロッキングキッズは、オンラインコンテンツで需要を生み出すことに焦点を当てた戦略を立てています。
「マミーヘルパー」であることのセールスポイントを上げ、すべてのプラットフォームで「簡単な買い物、便利な支払い」のシステムを提供します。
2022年7月から毎月、顧客に感謝するためにプロモーションを開催します。
7周年の特別な機会を祝うために、最大1,770バーツのクーポンが付いてきます。

さらに、集中的なマーケティング活動が毎月開催されます。
タイベイビーベストバイやアマリンベイビーアンドキッズフェアなどの大規模なイベントが毎月開催され、オンラインショッピングのShoppee、Lazadaと大規模なキャンペーンを引き続き行っていきます。

したがって、同社は成長目標を設定します。
同社は2015年にロッキングチェアを販売する小さなオンラインストアから成長しました。
今後は2022年9月5日から6歳未満の子供に「チャイルドシート」を義務付けする法律が施行されますので、チャイルドシート需要が成長するものと考えています。

ウェブサイトhttp://www.rockingkidsthailand.com/オンラインショップShopeeまたはLazada、およびLINEショップ:https://shop.line.me/@rockingkids でご利用が可能です。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP