• 金. 7月 1st, 2022

新司法長官に女性ナリー女史が指名。経歴には未解決のサウジ事件も。

Byサイト運営

6月 9, 2022

6月8日検察委員会は、タイ国第17番目の初の女性司法長官として、ナリー・タンタサティエン女史の指名を満場一致で承認しました。

司法長官事務所は、ナリー女史が2022年度に65歳になるシンチャイ・タニンソン氏の後任となると述べています。

2010年検察法第39条に基づき、シンチャイ氏は今年10月1日に司法長官に代わり、上級検察官になります。

ナリー女史は1985年に仕事を始め、トンブリー刑事訴訟局、司法長官室、法律顧問局に勤務しました。

彼女が扱った多くの重要な事件と任務の中には、サウジの宝飾品盗難事件、サウジ外交官殺害、エネルギー契約、商業開発の契約、共同投資契約、Covid-19ワクチン調達契約などが含まれています。

サウジ関連の事件は未解決かとは思いますが…、大丈夫なのでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP