• 火. 5月 24th, 2022

タイ経済特区政策委員会、EECをモデルに新たに4つの特別経済回廊を承認。

Byサイト運営

5月 6, 2022

経済特区政策委員会は、東部経済回廊(EEC)をモデルにした4つの新しい特別経済回廊を承認しました。

新しいゾーンは北部経済回廊(NEC)、北東部経済回廊(NEEC)、中西部経済回廊(CWEC)、南部経済回廊から構成されます。

北部経済回廊(NEC)は、チェンライ、チェンマイ、ラムプーン、ラムパーンにあたります。

北東部経済回廊(NEEC)は、コーンケン、ウドンターニー、ナコンラチャシーマー、ノーンカイの各県で構成されています。
米、タピオカ、サトウキビなどの原料が豊富なこの回廊は、食料経済とそのサプライチェーンの生産拠点となることが期待されています。

中西部経済回廊(CWEC)は、アユタヤ、ナコンパトム、スパンブリー、カンチャナブリーが含まれています。
この回廊は、農業、観光、ハイテクの製造拠点として機能することを目的としています。

南部経済回廊(SEC)は、チュムポーン、ラノーン、スラーターニー、ナコーンシータマラートで構成されています。
この回廊は、南部地域の経済、貿易、ロジスティクスのハブとして機能し、アンダマン海、タイ湾、およびインド、スリランカ、バングラデシュなどの環インド洋地域諸国との接続を役割として担っています。

4つの回廊への特別優遇措置や投資カテゴリーなどは、次の投資委員会の会議で提案され議論されます。

駐在員の地方分散化が進みますでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP