• 木. 5月 26th, 2022

違法賭博営業を黙認し疑いで、チャイヤプーム警察の上層部5人が更迭。

Byサイト運営

5月 3, 2022

タイ警察に関する不祥事が続きます。

チャイヤプーム警察署の5人の警察幹部は、違法賭博施設の営業を黙認した疑いにより、直ちに移送され、懲戒処分を受けるように命じられました。

チャイヤプーン知事と軍の特殊部隊により、建物内に大規模なギャンブル施設が運営されていると関係者から通報を受け、市内のノーンサトーン市場にある賃貸ビルへと摘発に乗り込みました。

襲撃時にドラゴンタイガーカードという賭博をプレイしていた約11人の客らが発見されました。
その場には、大量の現金やギャンブル用品が発見され、押収されています。

5月1日、第3管区地方警察の司令官であるソンプラソン氏は、チャイヤプーム警察署の局長、副局長、および関連する検査官を含む5人の警察官を直ちに移送するよう緊急命令を出しました。追って通知があるまで、県警察リージョン3で職務を遂行します。

命令では、彼らを調査するための審査規律委員会の設置と、違法な賭博営業を故意に黙認したかどうかについても調査するとしています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP