• 木. 5月 19th, 2022

ソンクラーンの「危険な7日間」で飲酒、危険運転、麻薬等で逮捕約8千人!

Byサイト運営

4月 18, 2022

ソンクラーン休暇中のいわゆる「危険な7日間」で、飲酒運転または危険運転にて合計7,925人の運転手が逮捕され、一部の者は裁判所による保護観察を課せられたと当局が発表しています。

「危険な7日間」は、4月11日から17日までの期間を言います。

実際には、7,141人が飲酒運転で起訴され、765人が違法薬物接種で起訴され、19人が危険運転で起訴されたと発表されています。

飲酒運転料金の7,141件のうち、13件は裁判所から電子監視装置の着用を命じられ、19時から午前5時までの7日間は家を出ることを禁じられました。
そのうち10人はウボンラチャターニーに、3人はスコータイにいます。

飲酒運転で起訴されたドライバーの数は、2021年の同時期と比べると6,061人から1,080人増加しました。

また、アルコール依存症のリスクがあると判明した人は、公衆衛生省が運営する医療施設に送られ、治療を受けることになります。

違反を繰り返すリスクがあることが判明した人は、3日間リハビリテーションと行動調整のためのキャンプ施設に入れられます。
彼らはまた、保護観察官に定期的に報告し、一定期間義務を果たす必要があります。

こんな腕時計みたいなもの、外して出かけられたら全く意味をなさないようなきがしますが…。
その結果が数字に表れていると気づく人はいないのでしょうね、きっと。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP