• 木. 5月 26th, 2022

センセープ運河のボートサービスは、ソンクラーン中は運行停止となります。

Byサイト運営

4月 8, 2022

観光で利用したいと思っていた方は、ご計画の変更が必要です。

センセープ運河のボートサービスは、ソンクラーンの長期休暇中、通勤者が少なくなると予想されるため運行が停止されます。

Family Transportは、4月13日から17日までワットーブーンルアンからパーンファー橋までのボートサービスを5日間運行停止すると述べています。
運行は、4月18日に再開されます。

同社によれば、バンコク市民は首都を離れて帰郷したり、他の県の観光地を訪れたりすることが予想されているため、過去の経験から通勤者が減少することが予想されるため、サービスを停止を決定したといいます。

同社のビジネス状況は安定しており、毎日約1万人の通勤者がこのサービスを利用しています。
ただし多くの人々がまだオミクロン変異種に警戒しており、まだ自宅で仕事をしているので、その数はコビッド以前のレベルに戻っていないとのことです。

通勤ラッシュアワーの午前5時30分から午前9時までと午後4時から午後8時まではボートは混雑しるとのことです。

普段利用しない人が観光で乗って観たかったというケースはあったでしょうね。
ただ、それのために運行し続けると赤字になってしまうのかもしれません。
公共交通機関の役割というのは、難しいものですね。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP