• 木. 5月 19th, 2022

BMWタイランドが、ラヨーン工場でEV車を2023年より製造を予定。

Byサイト運営

3月 29, 2022

BMWタイランドは、ドイツの親会社とラヨーン工場で電気自動車(EV)を製造するための協議を行っており、BMWのEV車は、政府が提供する補助金と減税を利用できるように取り計らっています。

現在、BMWタイランドはドイツと中国から輸入したEVモデルを販売しています。

補助金と輸入物品税の救済の対象となるためには、BMWタイランドは、輸入されたものの代わりに地元でEVを製造するという政府との契約に署名する必要があります。

BMWタイランドの情報筋によると、現在ラヨーンのBMWグループ製造タイ工場でEVを作ることについて親会社と話し合っているとのことです。

タイ投資委員会(BOI)は、自動車メーカーが2018年にEVメーカーとして税制優遇措置を申請することに許可を出しました。
BOIは、EVメーカー向けの税制優遇措置を引き続き申請できると述べています。
BOIは、電気自動車、オートバイ、三輪車、トラック、ボートの製造に少なくとも50億バーツを投資した場合、メーカーは8年間法人税を免除されると発表しています。
投資額が50億バーツ未満の場合、製造業者は3年間法人税を免除されます。

2021年、ラヨーンのBMW工場は、2020年から3%増加し、33,428台の車両とオートバイを製造しました。

BMWは15か国に31カ所の工場を持ち、ラヨーン工場はすでに20年間稼働しています。

BMWの親会社は、X3シリーズ、シリーズ5、7、X1を含むすべてのセグメントでEVを製造する計画を発表しました。
さらに2年間で、約10モデルのEVを生産すると発表しています。

ドイツ車は、タイの富裕層に大変人気となっています。
タイ国内で清算することができ、関税が押さえられたら、私でも手が届く日がくるのでしょうか。(無理ですね)

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP