• 木. 5月 19th, 2022

「デルタクロン」は既にタイで73件も検出されていた?!

Byサイト運営

3月 24, 2022

12月と1月に、タイは「デルタクロン」の疑いのある73例を検出しました。
これは、デルタとオミクロンで見つかった突然変異のCOVID-19ウイルス(SARS-CoV-2)の亜種を表す広義の意味ですが、すべての患者が回復している、と医学部長官のスパキット博士は述べています。

同局は73件すべての遺伝子構成を解読し、それらがデルタクロンの症例である可能性があることを発見したが、結果は確認のために世界的な科学イニシアチブでありドイツに本部を置く一次資料であるGISAIDに送られたと説明しています。

ただしオミクロン株は現在新たなCOVID-19症例の99.95%を占める変異体になっているので、デルタクロンが出現する可能性はほとんどなく、ベータ変異体のように急速に広がらなければすぐに消えるだろうと同局は楽観視しています。

この段階では、デルタクロンがオミクロンに取って代わって優勢な亜種になる兆候はないが、デルタクロンは世界保健機関によって監視されている亜種だということは忘れないよう付け加えています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP