• 木. 5月 19th, 2022

カンボジアで中国人マフィアに臓器を売られる寸前だったという女性の証言はウソだった?!

Byサイト運営

3月 20, 2022

カンボジアで中国人マフィアに臓器を売られる寸前に逃げ出してきたというタイ人女性の証言は、狂言だった?!
そんなニュースが飛び込んできました。

中国マフィアの巣窟! 偽の勧誘でカンボジア来たタイ人女性が語る「監禁、拷問、臓器売買」の日々。

 

申し立ての中心にいた女性は、自分の違法行為を隠蔽するために狂言を演じたとされており、現在、虚偽の報告で禁固を命じられています。

昨日、タイ王国警察のトップブラスの何人かが記者会見を開きました。とりわけ、ドバイで開催された世界警察サミットから戻ったばかりの副司令官GenRoyIngkhaphairojと顧問Lt-GenSurachate”BigJoke”Hakpanが出席しました。

3月初め、8人のタイ人が中国人マフィアの巣窟シアヌークビルから救出されました。
そのうちの一人が、25歳のアリーヤという女性でした。

彼女は、中国人のギャングに誘拐され、血液を強制的に抽出され、暴行され、無意識になるまで何かを注射されたと主張していました。
彼女は、臓器を売られそうになったがと主張していました。

しかし実際には、彼女はポイペトでボーイフレンドと一緒に働いていて、タイ人にカンボジアへの投資と仕事をさせていました。

これが失敗したため、彼女は彼女の嘘を現実的に見せるために、偽のFacebookページを設定することによって物語を作り上げました。

彼女は現在、3年間の懲役もしくは6千バーツの罰金、またはその両方が科される可能性があります。

タイのニュースを追いかけていると。一体、何が真実なのか分からなくなる時が多々あります。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP