• 水. 5月 25th, 2022

パープルラインの延伸決定! 日本のJRがメンテナンスに関わっています。

Byサイト運営

3月 14, 2022

パープルライン鉄道サービスの延伸に関する契約が、Mass Rapid Transit Authority(大量高速輸送システム、MRTA)と他の5社との間で締結されました。

MRTAの代表パカポーン氏は3月11日金曜日、「Ch Karnchang」、「Sino-Thai Engineering」、「Italian-Thai Development」、「Nawarat Patanakarn」、「Unique Engineering」の代表者と、パープルラインの鉄道延長の設計と建設に関する6つの契約に署名しました。

MRTAは、透明性を確保するために、契約の選択と署名のプロセスが政府の規制と法律に従って実行されていることを保証しました。

この投資額820億バーツに上る契約は、タオプーンからバンコクのラートブーラナ地区までの23.6kmに及ぶ、地下と地上の両方の工事を対象としています。
パープルラインの延長線には合計17の駅があり、そのうちの10駅は地下になり、一部の駅では他の鉄道路線乗り換えが可能となっています。

建設は2022年から始まり、2027年に完了する予定です。

パープルラインのメンテナンス事業には、日本のJRが関連するJapan Transportation Technology社(JTT)が関わっています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP