• 水. 5月 18th, 2022

またまたタイ僧侶の不祥事発覚。違法薬物欲しさに仏像や寺院の所有物を売却。さらに…。

Byサイト運営

2月 19, 2022

僧侶の不祥事が止まりません。

ウィロート僧(48歳)は、他の僧侶に愛想を尽かされ、スコータイのコングライラート地区にあるヌーンクラチャイ寺院に、一人とり残されました。

他の僧らは、彼らの大修道院長が正しい道を踏み外し、単なる犯罪者になり下がっていたことにうんざりしていました。

彼はヤーバー(タイの違法薬物)を得るため、仏像を切り刻み金に換えていました。
彼は修理をしていたと主張し、これを否定しました。

地元の人々の我慢の限界は、彼が寺院のドアをはぎ取って金属くずとして売りさばいた時に訪れました。

結局のところ、彼はヤーバー購入のために資金を必要としていましたことが発覚しました。
彼の部屋から、
ヤーバー服用時の器具が発見されたのです

ウィロート僧は現在、ただのウィロート氏となりました。
なぜなら、彼が「聖職剥奪」されたためです。

そして彼は現在、警察に拘留されています。

今、残された何百人もの地元民は怒り心頭となっています。
ウィロート容疑者が、電気代4万バーツ(約14万円)を滞納していたからです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP