• 水. 5月 25th, 2022

「タイランドエリートカード」労働許可証付き商品を販売計画

Byサイト運営

2月 18, 2022

タイは海外から各専門家の投資を誘致するために、労働許可を付帯させた新しい「タイランドエリートカードプログラム」を計画しています。

タイ国政府観光庁(TAT)の代表であり、タイランドエリートカードの運営者であるタイ特権カード(TPC)の取締役会代表であるユタサック氏は、1月6日の王立官報内で特別入国ビザをノンBビザおよび5年間の就労許可を与える変更を行うと述べています。

カード所有者は、100万バーツまたは200万バーツ相当の3種類のカードのいずれかを申請し、不動産、有限会社または株式会社、または証券取引所に少なくとも100万米ドルを投資すると、これらの特権を受け取ることが可能となります。

同氏は、10年ビザは内閣が先月承認した長期居住者(LTR)と呼ばれる同様の制度に似ているかもしれないと述べた。
TPCは、タイ滞在中の会員専用サービスを提供することで差別化を行っていきます。
たとえば、空港の入国管理高速レーンでのコンシェルジュサービス、リムジントランスファー、ゴルフ、スパ、人材仲介など、求める人々の需要に対応することを目指しています。 

LTRスキームに必要な投資額は250,000〜500,000ドルで、タイエリートカードの投資基準額である100万ドルよりも低いのですが、メンバーは労働許可を維持するために5年間投資を続ける必要があります。

LTRはビジネス志向、エリートカードはレジャーとビジネスの目的を組み合わせたいわゆるレジャービジターにターゲットをシフトしています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP