• 木. 8月 5th, 2021

【タイ】記念紙幣に早くも混乱。100バーツ札は1000バーツの様、1000バーツ札は財布に入らない!!!

Byサイト運営

12月 13, 2020
photo by Bangkok Post

タイ王国の戴冠式記念銀行券である100バーツ紙幣は、現行の1,000バーツ紙幣と間違われる可能性があるので、ご注意ください。

ソーシャルメディア内では、通常の赤色ベースの100バーツではなく、金をモチーフにした新しい100バーツの記念銀行券の写真で賑わっていました。
記念銀行券は、2019年の王立戴冠式を記念して土曜日にタイ銀行(BoT)によって発行されました。
記念銀行券の表には王陛下が描かれ、裏には戴冠式を反映した画像が描かれています。

【タイ】戴冠式一周年を記念して、記念銀行券を発行

記念銀行券は、1,000バーツと100バーツの2種類で構成され、100バーツ紙幣は全国の指定されたATMから引き出すことも可能です。

機械から現金を引き出した多くの人々は、通常の赤い紙幣ではなく、100バーツの金の紙幣を見て驚きました。
中央銀行は、赤い100バーツと同じく合法的な紙幣であることを保証しました。

ソーシャルメディアによると、100バーツの記念紙幣の色が、現行の1,000バーツのノートの色に近いため、混乱の可能性を懸念する人もいました。

1,000バーツの記念紙幣は縦向きでこのような大きさです。

BoTによると、100バーツと1,000バーツの記念銀行券はすべての商業銀行で交換可能だそうです。

ソーシャルメディア内では、1000バーツ紙幣の大きさをみて、「財布を買いなおす必要がある」との声もでていました。

みなさんはもう、手に入れましたか?

photo by Bangkok Post

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP