• 木. 5月 19th, 2022

プーケットのマフィアのヒットマンは、既にタイ国内から逃亡!

Byサイト運営

2月 11, 2022

タイの警察は、カナダまたはインド系マフィアの暗殺者が間違いなくタイにいると主張してからわずか数時間後、結局彼らが国外へ逃亡してしまったことを認めざるを得なくなりました。

「マンディープ・シン」は、2月4日金曜日にプーケット島ラワイの別荘の外で、10発の弾丸を受け死亡しているところを発見されました。

警察は、犯人はプーケットかタイ国内にいると確信しているかのように主張していました。

しかし2月10日、タイ警察は、ヒットマンはプーケットからバンコクまで移動し、スワンナプーム空港までタクシーに乗ったことを認めました。

そこで彼らは、ヨーロッパ経由でカナダと思われる同じ目的地への別々のフライトに乗り込みました。

彼らは、殺人を済ませたわずか2日後の2月6日にタイ王国を去っていきました。

タイ警察は、ヒットマンの身元を既に特定しており、彼らを海外で逮捕してタイに持ち帰らせるための書類を準備していると述べています。

彼らは12月18日にタイに入り、2月4日に犯行を起こしました。

国外逃亡してしまったら、どうにもならないしょうねえ。
警察の面目は丸つぶれ…といったところでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP