• 水. 5月 25th, 2022

エイズは過去の病気ではありません。バンコク都がバレンタインデーに先立ち、コンドームを配布。

Byサイト運営

2月 10, 2022

バンコク都は、バレンタインデーに先立ち、安全なセックスキャンペーンで200万個の無料コンドームを配っています。
タイの若者の間では、性感染症やレイプなどによる性被害が多発しています。

2月10日木曜日、都行政の「安全なSEX、コンドームの使用」キャンペーンの下で、首都の50地区すべてでコンドームが無料で配布されています。

区役所では、
「コンドーム、潤滑剤、フェイスマスク、アルコールジェルなどの保護具を常に携帯してください。
セックスの前後に体を清潔に保ってください。
これは、エイズや性感染症、Covid-19を防ぐためです」と呼びかけています。

都行政の発表によりますと、今年の首都で後天性免疫不全症候群(エイズ)に罹患している者は81,465人おり、1,128人が新たに発症すると予測しています。

昨年、バンコクで性感染症の症例が6,450例記録され、その数は毎年増加しています。

2020年には10万人あたり40.64件の梅毒が発生しました。
この割合は15〜24歳の者が多く発生しています。

淋病の発生率も若い年齢層の人々の間で高く、10万人あたり58.8人でした。

性感染症は、若者の間でコンドームの使用が比較的少ないために増加する傾向があります。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP