• 火. 5月 24th, 2022

第53回ミスタイライドは、初のタイ・アメリカンハーフのマニタさんが選出!

Byサイト運営

2月 8, 2022

2月6日、タイに新たな美の女王が誕生しました。
彼女の名は「マニタ・ドゥアンカム・ファーマー」。
プーケットで生まれ育ったタイ=アメリカンのハーフで、バンコク大学コミュニケーションアーツ課を卒業しました。
この25歳の新たなミスタイランドは、53回目の開催にしてタイ人ハーフが栄冠を勝ち得た初めての人でもありました。

混血のタイ人の何人かは「ミスユニバースタイ」のようなコンテストで栄冠を勝ち取っていますが、「ナーンサーオタイ」(ミスタイランド)として知られているこのコンテストは他とは異なります。

最後の5ラウンドで、マニタは次の質問をされました。
「UN Womenによると、新型コロナのロックダウン中に、最大1,500万人の女性が家庭内暴力の犠牲者になりました。ミスタイランドになった場合、この問題の解決にどのように役立ちたいと思いますか?」

マニタの答えは、「家庭内暴力は、女性が受動的で弱いことを教えられてきたという事実から来ていますが、実際にはそうではありません。女性はこの問題から立ち去り自活をしていくのに十分に勇敢であり、私がこれをもう容認しないと主張するのにも十分勇敢であり、そしてこの社会で強くなるのに立ち向かっていかなければなりません。」

最後の3ラウンドで、ファイナリストは「タイはソーシャルメディアの使用頻度でトップの国の1つです。ミスタイランドになった場合、この機会をどのように利用してコンテンツを制作しますか?」と尋ねられました。

マニタの答えは、「ライブストリームだけでなく、ソーシャルメディアで観光スポットや地元の商品を紹介するだけでなく、それらを投稿として共有します。アムナートチャロン県を訪れたとき、地元の商品を1時間ライブで紹介し、その間に2万バーツの売り上げを得ました。したがって、ミスタイとしての1年間、私は観光と文化の新しい大使としてタイ経済の改善を支援していきます。」

ハーフの人がミスタイランドに選ばれたのが初とは、意外でした。
タイの田舎の女性は、暴力に苦しむ人も少なくありません。
是非、女性を導いてあげて下さい。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP