• 水. 5月 25th, 2022

バンコクからラヨーン、さらにトラート県までの高速鉄道計画が進行中。

Byサイト運営

2月 3, 2022

タイ国有鉄道(SRT)は現在、タイの3つの主要空港を結ぶ高速鉄道プロジェクト第2フェーズの調査を実施するための予算案を作成しています。

バンコクのドンムアン空港とスワンナプーム空港とラヨーン県のウタパオ空港に接続するための建設がすでに進行中です。
SRTはまた、鉄道プロジェクトをトラート県まで拡大して第2延長フェーズを実施し、これらの県のロジスティクスと観光を後押しするラヨーン=チャンタブリー=トラートリンクを作成する可能性を検討しています。

1億バーツ相当の提案が提出され、コンサルタントを雇用し、官民パートナーシップ(PPP)ベンチャー、および環境影響評価(EIA)の調査を実施します。
このプロセスには約1年かかると予想され、調査結果は2024年に検討のために提出され、入札は2026年に予定されています。

4年後に完了する予定の高速鉄道プロジェクトは、タイの主要な東部経済回廊計画の主要なインフラプロジェクトの1つです。

コンサルタントに官民パートナーシップ…、もはや、きな臭い匂いしかしないのは私だけでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP