ゾウの胆石、果たして何キロあったでしょう。

タイの獣医師は、ゾウから胆石を取り除くことに成功しました。
これは、獣医師界にとってユニークな世界記録です。

先週、50歳のメスのゾウであるサイトンが手術を受けました。
金曜日にナコンパトム県のカセサート大学(カンペンセンキャンパス)の獣医学部が記者会見を開き、手術の成功を発表しました。

これは、胆石が象から取り除かれる世界で2番目の例になります。

初めての例とは、45歳のオスの象であるカムムーンの時でした。
カムムーンの場合、1つ1.7kgもある大きな胆石を取りのぞき、162個以上の小さな胆石、合計で8Kgにも及びました。

サイトンは、腹痛、食欲不振、排尿不能に苦しんでいたため、3月28日に大学に送られました。
獣医師は、石灰岩を多く含む水源からの飲料水が原因で、彼女が胆石を持っていると診断しました。
手術は3月30日に行われ、獣医師は12x16cm、1.7kgの胆石を取り除くのに約6間かかりました。

この作戦の成功は、タイの獣医界にとって大きな一歩であるだけでなく、世界の獣医コミュニティにおけるゾウの治療の画期的な出来事でもあります。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします