• 火. 5月 24th, 2022

ラヨーンで40万リットルの大規模な石油流出。2013年の事故以上の被害とも。

Byサイト運営

1月 26, 2022

1月25日火曜日の夜、ラヨーンのマープタプート工業団地から40万リットルの大規模な石油流出が発生し、海洋環境への影響が懸念されています。

「Star Petroleum Refining」社は声明の中で、午後9時6分に石油タンカーの係留所から油漏れが発生したと説明しています。

同社は油流出に対処するために必要なすべての緊急措置を適用するために緊急チームを派遣しました。
また関係するすべての政府機関、隣接するコミュニティ、イースタンシーボード工業団地の環境監視および制御センター、緊急事態コマンドセンターにも警告を発しています。
この地域の他の企業も油流出について警告を受けた、と声明は付け加えました。

「Star Petroleum Refining」社は事故について謝罪し、調査することを約束しました。

同社はその後の声明で、26日水曜日の午前12時18分に海底パイプからの漏れを止めることができ、状況を制御したと発表しています。
その後、流出油を取り除く化学薬品を噴霧するためのボートを配備し、午前中のうちにその地域を調査すると述べています。

しかし汚染管理局は、そのオイルマップシミュレーションは、流出した原油が金曜日の17時にラヨーンのメーランプーンビーチとサメット島のカオレムヤムー国立公園に到達する可能性があると予測しています。
同局によると、この地域は18万リットルの原油に見舞われる可能性があるといわれています。

第1海兵沿岸資源局は、水中パイプに小さな漏れがあり、0.9センチメートルの穴は主にフジツボが引き起した生物学的劣化によって引き起こされたのだろうと説明しています。

海洋生物の専門家であるトン氏は、今回の原油流出は、2013年時の災害よりも悪化する可能性があると警告しています。
北風がサメット島への石油到達を防ぐかもしれないが、島は事故現場からそれほど遠くないので、観光地の島の住民は警戒する必要があると警告しています。

2013年7月、PTTグローバルケミカルの石油パイプがギリシャの石油タンカーから原油を受け取っている間に流出し、5万リットルの原油が流出するという事故が発生しました。
マープタプートの南東約20kmで発生したこの事故は、サメット島の観光に大きな損害を与え、数年間海洋環境に影響を与えています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP