• 木. 5月 26th, 2022

タイ新型コロナ安定期へ突入? 規制緩和も視野に。

Byサイト運営

1月 17, 2022

タイのCovid-19の状況は2週間程度で安定した傾向を見せ始めた、と公衆衛生省事務次官は1月16日に語っています。

最初の週に、デルタ株よりも伝染性の高いオミクロン株が蔓延し始めたことにより、感染者数が大幅に増加しました。
しかし、新たな感染者数は安定し始め、減少の傾向すら見せ始めています。
さらに、重度の症状のある患者数も減少しています。

現在、呼吸補助器を必要とするCovid-19患者数も、これまでで最も少なくなっています。

しかし傾向的には改善しているものの、タイは依然として警戒レベル4を維持しています。
つまり、リスクの高い場所はすべて閉鎖され、ウイルスの拡散を抑えるために、人々は旅行や大規模な集会への参加を控える必要があります。
また、Covid-19ブースターショットを取得し、定期的にATKテストを受けることをお勧めしますと同省は述べています。

現在の状況が改善し続ける場合、同省は、人々の生活ができるだけ早く正常に戻ることができるように、いくつかの対策を緩和するようCovid-19状況管理センター(CCSA)に要請すると付け加えています。

確かに当初言われていた一万人を簡単に突破すると言った状況ではないようですが、私の周りでも割と近しい人間がコロナに感染し、それなりに症状がでています。
感染場所は不明としながらも、傾向としてやはり人が多くいるような場所に行っていた形跡にあります。

不安定な社会を生み出さないためにも、外国からの観光客はしばらくは見送った方がよろしいでしょう。
先ずは国内の安定を図るべき時です。
ソンクラーンに合わせただけの無謀な開国をした場合、さらなる混乱を引き起こすことは明白です。
非常に一部の観光関係者だけがほくそ笑む社会など、ほとんどの人は望んでいないでしょう。

オミクロン株で初の死亡者。重傷者の割合は低いようですが…。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP