• 木. 5月 26th, 2022

バンコク、南バスターミナル等で無料のCOVID-19ドライブスルー簡単検査会場を設置。

Byサイト運営

1月 17, 2022

バンコク都(BMA)は、南バスターミナルを含む首都のいくつかの場所で無料のCOVID-19検査会場を設置しています。
政府製薬機構(GPO)も、新しいオミクロンの波の中で需要が高まるにつれて、手頃な価格の抗原検査キット(ATK)を再び販売しています。

BMAと市営のラチャピパット病院は現在、タリンチャン地区の南バスターミナルでCOVID-19検査センターを開設しており、リスクのある人々は無料で抗原検査を受けることができます。
検査会場は毎日午前10時に稼働し、ドライブスルーでのサービスを提供しています。

会場での試験結果は約30分以内に通知されます。
混雑を防ぐため、検査直後は会場を離れるよう求められ、結果はLINEアプリを介して配信されます。

検査結果が陽性だった場合、自宅隔離プログラムに登録され、医療専門家による遠隔症状の監視とともに、必要な物資がご自宅に届けられます。

家庭用ATKの需要の増加と価格の上昇に対応して、GPOは1セットあたり35バーツ(約110円)で手頃な価格の高品質キットの販売を開始し、現在はGPOが所有する8つのドラッグストアで入手が可能となっています。

公平な流通を確保するために、お客様は1人あたり最大20個のキットを購入できますが、各販売場所で入手できるキットの数には限りがあります。

GPOは当初300万個のテストキットを販売用に在庫していましたが、供給をサポートするためにさらに350万個のキットを注文したとのことです。

ATKは、結果が陰性であっても信頼性が落ちますので、もし何らかの症状がある方は、病院でのPCR検査を受けることをお薦め致します。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP