• 月. 1月 24th, 2022

鶏卵の便乗値上げにタイ政府が待った!6カ月間は価格を維持で合意。

Byサイト運営

1月 12, 2022

タイ商務省は、最近の卵価格の高騰を受けて、法外に収益を上げることに対して法的措置を取ると取引業者に警告しました。

ジュリン商務大臣は、昨今の豚肉価格の上昇への影響を軽減するために、国内貿易局が卵価格を監視していると述べています。
同省は、許可されていない値上げは違法と見なされる可能性があると事業主に警告しました。

一方、内貿易局長官のワタナサック氏は、鶏卵生産者、商人、輸出業者、および畜産局との話し合いの結果、次のような合意に達したと述べています。
農家と卵販売所は、6か月間、卵1個あたり3バーツの各種鶏卵の価格を維持します。
畜産局はまた、卵の供給を増やすために産卵鶏の数を増やすことに同意し、内部貿易局は鶏卵生産者の生産コストを下げることについて代理店と協議する予定です。

採卵鶏協会によると、1月10日月曜日の鶏卵の価格は、飼料と獣医の治療にかかる費用が高騰しているため、30個の卵のトレイごとに5〜6バーツ上昇しました。
協会の会長であるマノテ氏は、支出の増加により、農家は以前と同じ卵価格を維持できなくなったと述べています。
ただし、平年に行われる菜食主義の祝祭(キンジェー)や学校の休暇中は、価格が下がる可能性があります。

協会によると、タイには現在約5千万羽の産卵能力のある鶏がおり、1日あたり約4千万羽が卵を産みます。その大部分は国内消費用となっています。

価格を維持するためとは言え、家畜の生産現場は目をそむけたくなるような現実がそこにはあります。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP