• 火. 1月 18th, 2022

「タイの危険な7日間」初日の今日は39人が死亡、362人が負傷。

Byサイト運営

12月 30, 2021

12月29日水曜日、年末年始の交通安全キャンペーンが開始され、この日の交通事故により39人が死亡し、362人が負傷しました。

防災・軽減局長官のブーンサム氏は30日木曜日に、この犠牲者数は362件の交通事故によるものであると発表しました。

最も一般的な原因は、スピード違反(全事故の34.6%)と飲酒運転(23.80%)であり、事故の81.3%にオートバイが関与していたとのことです。

ラチャブリー県が最も多くの事故を記録し13件、ナコンラチャシーマーが最も多くの死者を出し5名、ルーイ県が最も多くの負傷者を報告し14件となっています。

全国1,875カ所の検問所で、62,932人が交通違反で検挙されました。
検挙理由としては、ヘルメットを着用していない18,142人のバイカー、車両のシートベルトを締めなかった7,939人、危険運転のバイカー5,007人などが上げられます。

ブーンサム氏は、帰郷する労働者の新年の大移動は29日水曜日に始まり、主要高速道路、地域間ルート、バイパスで交通量が多かったと述べています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP