• 月. 1月 24th, 2022

タイ発電公社、バイクタクシー用電動バイクのテスト運用を開始。

Byサイト運営

12月 28, 2021

タイ発電公社(Egat)は、政府が国内の二酸化炭素排出量を削減するための「カーボンニュートラル」キャンペーンの一環として、バイクタクシー用に電動バイクの試験運用を開始しました。

12月27日月曜日の当局者は、ノンタブリーにあるタイ発電公社の本社近くにある9つのバイクタクシーグループのバイクタクシー運転手に、それぞれ交換可能な3キロワットのバッテリーを備えた51台の殿堂バイクを手渡しました。

タイ発電公社は、電動バイクプロジェクトに2,100万バーツ(約7千万円強)を費やしました。各モーターサイクルの価格は8万4千バーツ(約29万円)で、その内バッテリーは4万バーツ(約14万円)に相当します。

タイ発電公社のブーンヤニット氏によると、この電動バイクの試験運転は、モーンクット王北バンコク工科大学と協力して1年間実施されます。

プロジェクトが本格的な商業ベースにアップグレードされる前に、エネルギー消費、環境および社会経済的影響、ならびにバイクタクシーの運転手とその乗客からの反応に関する情報が収集されていきます。

タイ発電公社は、来年初めにバンコク全体でさらに600台の電気自動車を送り出す予定とのことです。

テスト対象の電動モーターサイクルは、バッテリー充電あたり100kmの距離を走ることができ、時速80kmの最高速度で走行するように設計されています。
重量は、150キログラムまで運ぶことができます。

バイクタクシーの運転手を容易にするために、3つのバッテリー交換ステーションが設置されており、車両の充電を待つ必要がありません。
使用済みのバッテリーを完全に充電されたバッテリーと交換するだけで、再び使用できます。

タイ発電公社によると、バイクタクシーの運転手も携帯電話アプリケーションを介してリンクされます。
ドライバーはアプリでバッテリーレベルを確認したり、乗客を見つけることができます。

アプリは、2022年1月にリリースされる予定とのことです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP