• 火. 1月 25th, 2022

ミャンマーからの避難民4,400名に。カレン民族同盟とクーデター国軍の紛争激化。

Byサイト運営

12月 23, 2021

タイ軍は、12月16日以来、ミャンマー政府軍兵士と武装した少数民族グループとの衝突から逃れるために、ミャンマーから4,400人以上がタイへと避難してきたと述べています。

カレン州南東部でミャンマーの国軍とカレン民族同盟(KNU)との戦闘が激化し、国境を越えてターク県に非難する難民が増えており、当局は彼らを一時的な避難所に収容し、人道支援を提供する任務を負っています。

ミャンマー軍が14日火曜日にレイケイカウの町を襲撃し、反政府勢力数十人を拘束したと報じられています。

KNUは声明のなかで、グループは翌日、反撃に転じたとのべ、私たちのKNU軍は、攻撃的な逮捕、家屋の破壊、暴力的な攻撃に対し自衛措置を講じなければならなかったと主張しています。

このグループは、数十年にわたる紛争の後、2015年に当時の軍事支援の文民政府と停戦協定に署名し、KNUの管理下にある国境地域の大部分が平和な状況となっています

しかし、ミャンマー軍が2月1日のクーデターでスーチーの選出された政府を追放して以来、KNUは軍事政権に抗議する人々への支持を明らかにし、クーデターに反対して逃亡した若者を受け入れ、反撃するための訓練を提供した。

3月、軍はKNUが管理する地域を航空機で襲撃し、何千人もの人々がタイのターク県に避難しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP