• 火. 1月 18th, 2022

【注意】チョンブリーのバーンセン地区では、まだアルコール解禁されていません。紙コップでも逮捕されます。

Byサイト運営

12月 6, 2021

12月3日、バーンセンにある飲食店でアルコールを販売した疑いで、4人の飲食店マネージャーが今週末に逮捕されました。

セーンスク市長のナローンチャイ氏は、警察、行政地区事務所、および法執行官から約100人の警官が、バーンセンにある4つの飲食店を摘発したと報告しました。
ナローンチャイ氏によれば、チョンブリ市のセンスク地区ではレストランやバーでアルコール販売する許可は与えていないことを明らかにした行為でした。

今回の摘発は、飲食店や観光客がチョンブリーの最新の規則を確実に理解できるようにすることを目的としていると、センスク警察は主張しています。

チョンブリー知事は12月3日、公式Facebookページを通じて新たな規制緩和をリリースしました。
アルコールの販売が認められたのは、パタヤ、ラーン島、サッタヒープ、ナジョムティエン、シーチャン島、バンサライ、シーラチャの一部、バンラムンに限られます。

チョンブリー県の人気のある国内観光スポットであるバンセンビーチでさえ、まだ合法的にアルコールを販売する許可を与えられていません。

4つのレストランから4人が逮捕されました。

パキンタナウィットし容疑者(WARP Bang Saenのマネージャー)
ナッタワット容疑者(Hurt Bang Saenのマネージャー)
アローンコーン容疑者(Uターンのマネージャー)
ティーラポーン容疑者(H2Mのマネージャー)

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP