• 火. 1月 18th, 2022

12月よりバンコクは23時までのお酒の提供が可能に。パブやバーは飲食店として営業可能に。

Byサイト運営

11月 30, 2021

バンコクの知事は、疾病管理基準を満たすバンコクの飲食店は12月1日水曜日から23時までアルコールの提供許可し、パブの所有者は彼らの施設をレストランとしてオープンすることができると述べました。

11月29日、アサウィン知事は、事業所の閉鎖と再開に関する最新の命令を出しました。

この命令により、観光スポーツ省のアメージングタイ安全衛生局(SHA)基準と保健局のタイストップCOVIDプラス基準を満たすバンコクの飲食店は、12月1日から23時までアルコール飲料を提供することが可能になります。

新しいルールは、12月1日から31日まで有効となっています。

それでも知事は、パブ、バー、カラオケショップなどの風俗産業のカテゴリーは閉鎖されたままになると述べています。
再オープンする場合が、彼らは彼らの施設を飲食店として営業する必要があります。

バンコクの知事は、彼らが飲食店の疾病管理基準を満たせば、再開を許可されるだろうと述べます。

法律が既に形骸化している認めてしまおうということなのでしょうか。
特にパブの営業を事実上、認めてしまったことには非常に危険なものを感じます。
アフリカ変異株の出現で、日本を始め世界中に緊張感が走っている中、各圧力団体に屈する形となってしまったことは残念です。

これらのお店も飲食店として復活?! いやもうすでに…。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP