• 火. 1月 18th, 2022

パタヤ市長、パタヤ音楽祭の会場外で多くの感染者を出しながらも、イベントは実行すると断言。

Byサイト運営

11月 27, 2021

パタヤでの音楽祭で、コンサート会場の外に集まった人々の間に新型コロナウイルス感染が確認されたにもかかわらず、イベントは計画どおりに継続すると、ソンタヤー市長は11月26日金曜日に語りました。

ソンタヤー氏は、11月12日と13日のパタヤ音楽祭の第2週末でウイルスが検出されましたが、予定されているイベントが失敗することはないと断言しました。

木曜日にチョンブリーの保健所は、コンサート会場の外に出たすべてのマスクされていない出席者に、会場の周辺にいる多くの人々にウイルスが検出されたため、他の人にも検査を受けるように促しました。
保健所では、感染者の正確な数を特定していませんでした。

音楽祭は11月5〜6日に始まり、毎週のように何かしらイベントが開かれています。
ビーチでの次のコンサートは、12月3日4日と12月10日11日に開催されます。

26日27日と花火大会を開催し、12月29日から12月31日までの新年のカウントダウンイベントの準備もしています。

ソンタヤー氏は、適切な社会的距離を確保するために音楽ゾーン内は、500人までと入場者を制限しており、ウイルスの拡散を防ぐための対策に自信を示しました。

警察とボランティアはコンサートゾーンの外でパトロールを強化し、当局はアルコール禁止の違反者に対しても行動を起こすだろうと彼は付け加えています。

結局エリア内は入場制限されていても、その周りでマスクを外して酒盛りしているので、感染対策は全く意味をなしません。
このように一度許可を出すと、取り返しがつかなくなるまで突っ走ってしまうので、タイ政府は許可を出せずにいるのです。
権利を主張する人たちは、自分たち自身の振る舞いについては全く我関せずといったところなのでしょう。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP