• 火. 1月 18th, 2022

米国主催の「民主主義サミット」にタイの名前がない!タイ外務省の反応は…。

Byサイト運営

11月 27, 2021

先日、米国が初めて主催する「民主主義サミット」に招待される110の国や地域のリストを公表しました。
そこに日本や台湾の名前はありましたが、中国やタイの名前はありませんでした。
タイ外務省は、「民主主義サミット」の招待がなくても国に影響はないと述べ、タイ王国は民主的価値と人権に引き続き責任を持つことを強調しています。

簡単な声明の中で、外務省のスポークスマン、タニー氏は、タイは米国大統領が主催するこの集会をよく知っていると述べたが、決定するのは米国の単独の裁量の範囲内にあるため、タイが招待されるかどうかについては問題視していないと述べています。

同省は、タイが他の民主主義国と同じレベルの民主主義と人権を擁していると主張しました。
彼はまた、バリ民主主義フォーラムのような他の世界的に認められたイベントへ、タイが参加することについて言及しました。

昨日の議会で、ドン・プラムドウィナイ外務大臣は、民主主義サミットは米国が主導する新しい国際政治プラットフォームと見なしているとコメントし、場合によっては招待されない方が有益であると付け加えたと言います。

しょうもないプライドと目先の利権は捨てて、一刻も早く「脱中国」に舵を切り替えたほうがいいと思います。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP