• 日. 11月 28th, 2021

タイ不動産開発は海外より国内需要へ。「フレイザースプロパティ」が一戸建て開発に100億バーツの投資

Byサイト運営

11月 11, 2021

SET上場の不動産会社「フレイザースプロパティ・タイランド(FPT)」は、住宅分野での10〜15%の成長を目指して、来年は住宅開発に100億バーツを費やす予定とのことです。

同社の国の最高経営責任者であるタナポン氏は、投資予算は一戸建て住宅、タウンハウス、デュプレックス住宅などの低層住宅の新しい土地区画の取得に向けられると述べています。
低層住宅市場は、雇用を促進し、人々の収入を増やすため、国が再開した後、2022年には回復するだろう。 貸付規制の緩和は、住宅購入者の購買力の再開に期待できますとも付け加えました。

2022年に予想される景気回復にもかかわらず、観光市場の回復は新型コロナ禍以前のレベルほど有望ではないため、依然として懸念事項です。

タナポン氏は、特に高価格セグメントのバイヤーが住宅ローンを支払う能力を持っているため、一軒家の需要は改善する傾向にあると見込んでいます。

FPTが2022年に開始する予定の新しい住宅プロジェクトの1つは、バンナートラット32キロのエリアで合計約4,700ライの大型プラジェクトがあります。

2022年、FPTは、市場と経済の回復により、住宅開発事業からの収益が10〜15%増加すると予想しています。

2021年の1月から9月までの連結売上高は115.7億バーツで、前年同期比27.5%減、利益は55.8%減の11.2億バーツでした。

住宅開発による収入は24.3%減の83.7億バーツ、賃貸料とサービスによる収入は21.3%減の16.1億バーツ、その他からの収入は44%減の15.8億バーツでした。

住宅開発による収入のピークは2019年で153.8億バーツ、翌年には141億1000万バーツに減少しています。

「フレイザースプロパティ・タイランド(FPT)」は、タイの財閥TCCグループ傘下の世界的にも有名な総合不動産開発会社です。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP