• 木. 8月 11th, 2022

タイ不動産大手のサンシリ「見通しは明るい」下半期312億バーツの投資。はたして…。

Byサイト運営

7月 27, 2022

タイ不動産大手のサンシリは、2022年後半にタイの不動産市場が力強く成長することを期待して、312億バーツを投資します。

7月26日同社はこの予算を、一戸建て住宅プロジェクト9件、混合プロジェクト2件、タウンホームプロジェクト5件、マンション15件の開発に充当されると発表しました。

サンシリの最高執行責任者ウタイ氏は、タイの輸出と観光の2つの経済エンジンが強化され、政府が不動産市場を刺激する政策を導入したため、見通しは明るいと述べています。

コンドミニアム市場も外国人のタイへの帰国によって活気づくだろうと彼は付け加えます。

今年、サンシリは合計500億バーツに相当する46のプロジェクトを立ち上げる予定となっています。
これらのうち、78%は住宅プロジェクトであり、他の22%はコンドミニアムです。

同社はすでに上半期に合計188億バーツに相当する15のプロジェクトを立ち上げました。

ウタイ氏によると、サンシリは最初の6か月でプリセールスから183億バーツの収入を得、2022年の目標350億バーツの52%を稼いだとされています。
住宅プロジェクトは上半期に127億バーツを稼ぎ、6つのプロジェクトが予約完売されています。

Uthaiは、目標が達成されると確信していることを表明し、下半期の計画は「みんなの家」というコンセプトの下で、いくつかの分野と価格帯の需要を満たすための住宅プロジェクトを供給していきます。
同社はまた、バンコク以外の地域を含む、電車、川沿い、職場、コミュニティの近くにコンドミニアムの建設を計画しています。

2024年までの3年間の目標は1,200億バーツで、1,500億バーツ相当のプロジェクトを立ち上げることであると同氏は述べています。

現在の不動産不況は、新型コロナの影響ではなくその供給過剰さにあるので、さてうまくこといきますことやら。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP