• 土. 11月 27th, 2021

12日金曜日発表か?!年内の風俗産業(バー、クラブ含む)の再開は見送りへ。

Byサイト運営

11月 11, 2021

COVID-19状況管理センター(CCSA)が現段階で検討する案によると、タイのバー、パブ、ナイトクラブ、その他の娯楽施設は2022年まで閉鎖されたままの可能性が高いそうです。

11月10日水曜日、タイの閣僚たちは年内までは娯楽施設(風俗店)は閉鎖されるべきと提案しました。

しかし、おそらく主要な観光地域で、全国の5つの場所でのカウントダウンイベントは許可されるとのことです。

報告書ではまた、プラユット首相が再開に関してエンターテインメント業界の事業主に「利己的になならないように」と呼びかけたと言います。

娯楽施設を維持する提案とタイでの規制緩和の可能性は、首相が議長を務めるCCSA会議の終了後、11月12日金曜日に発表される予定となっています。

今月初め、バンコク、クラビー、プーケット、パンガーなどの一部の場所でレストランでのアルコール販売を取り巻く制限が緩和されたにもかかわらず、全国のバー、パブ、ナイトクラブなどは閉鎖されたままです。

飲食店だと言い張って、バーやキャバクラまがいのお店は開いてますけどね。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP