【タイ】中国の旧正月である2月12日金曜日を休みすることを政府が奨励。

タイ政府は2月12日金曜日に当たる中国の旧正月(春節)を特別な祝日とすると宣言し、プラユット首相は中国系の人々だけでなくタイの人々にも長い週末を過ごすことを奨励しています。政府の副スポークスパーソンは、長期休暇を作ることで経済を後押しさせたいと述べました。

中国系のタイ人は、中国の新年の前に食料品の準備、その他のお祝いの品物や先祖への供物の購入が活発してくるが、首相は小売り店が価格を引き上げるようなことをしないように内部貿易部門に指示したと言います。

オンラインショッピングに目を向ける人が年々増加傾向にありますが、いかにもお得なような書かれている広告や誤解を招く広告(誇大広告)を防ぐように政府は指導していますが、消費者もオンラインで購入する前に注意深く内容やレビューなどでチェックすることをお勧めしています。

今年は新型コロナの影響でヤワラ―ト(バンコク中華街)地区でのイベントは中止となりましたが、各所で中華系の方々を中心に小さくイベントは行われるようです。
そういったところに足を運ぶ際は、コロナ対策はもちろんのこと、上記のような詐欺的なことにもご注意下さい。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします