• 日. 12月 5th, 2021

チャオプラヤー川沿いで警告!今週と11月20日から26日、再度洪水の可能を示唆。

Byサイト運営

11月 9, 2021

11月9日、バンコク都(BMA)は、チャオプラヤー川付近に住む人々に、今週と11月20日から26日の間、満潮とその後の洪水に備えるよう警告しています。

具体的には、バンプラッド、サムパッタウォン、ヤーンナーワー、トンブリー、クロントゥーイエリアがもっとも危険であるといい、今回もいくつかの道路がすでに浸水しています。

アサウィン知事は、チャオプラヤー川の最高水位は、通常の1.90メートルではなく、現在約2.4メートルあると言います。
BMAは継続的に状況を監視しており、毎日水位を報告しています。
しかし、タイ湾の風が河口の水位を上昇させているため、現在の水位は予測をさらに25〜40cm上回っています。

BMAは、恒久的な堤防のないリバーサイドやウォーターフロントに住む人々に、被害を防ぐために家財をより高い場所に移動するするよう警告しています。

BMAは、普段このような水位上昇は毎年11月と12月に発生すると述べています。
本来12月に最高潮に上昇するのですが、今年は海軍水路局の予測を上回っていると言います。

状況は11月13日には改善すると予想していますが、11月20日から26日の間にさらなる水位の上昇の恐れがあるといいます。

タイは地震はありませんが、洪水被害が徐々に深刻になっている気がします。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP