• 日. 12月 5th, 2021

自家消費型太陽光発電設備 タイにおける第1号案件 契約締結のお知らせ

Byサイト運営

11月 9, 2021

伊藤忠エネクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田賢二)のグループ会社であるITC ENEX (Thailand) Co., Ltd.は、センコーグループホールディングス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:福田泰久)のグループ会社であるSENKO LOGISTICS DISTRIBUTION (THAILAND) CO., LTD.に、当社が手掛ける自家消費型太陽光発電設備のタイにおける第1号案件を導入いたします。

本事業は、工場や倉庫などに太陽光発電設備を設置し、発電した電気を自家消費いただくサービスです。2050年の脱炭素社会実現に向け、あらゆる企業に環境対策が求められる中、再生可能エネルギー由来の環境に優しい電力を自家消費いただくことでお客様のCO2排出量およびエネルギーコストの低減を実現するビジネスモデルとなります。

また太陽光発電設備の設置費用はITC ENEX (Thailand) Co., Ltd.が負担するため、本サービスの初期投資費用は不要です。さらに設備利用料は保守・点検費用を含んだ月額固定料金のため、非常に導入しやすいモデルとなっています。

当社は2020年4月、タイおよび近隣諸国における太陽光発電・省エネ関連事業の展開を目的にITC ENEX (Thailand) Co., Ltd.を設立いたしましたが、タイにおける第1号案件となる今回はSENKO LOGISTICS DISTRIBUTION (THAILAND) CO., LTD.に、パネル出力(計)172.8kWの太陽光発電設備を設置いたします。導入前と比較し、使用電力量は約33%削減、CO2排出量は年平均で約125.0t削減となる見込みです。

今後も当社グループは、日本国内のみならずタイ及び近隣諸国のお客様に本サービスをご提供すると共に、経営理念「社会とくらしのパートナー」のもと、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

<SENKO LOGISTICS DISTRIBUTION (THAILAND) CO.,LTD.への導入設備概要>
太陽光パネル    : 172.8kW
使用電力量削減率見込: 年平均 約33%
CO2削減量見込         : 年平均 約125.0t

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP