• 土. 11月 27th, 2021

チャオプラヤー川で貨物船同士が衝突事故。1隻が沈没間際に。

Byサイト運営

11月 3, 2021

11月2日火曜日の午後、サムットプラカーン市庁舎前のチャオプラヤー川で2隻の貨物船が衝突した現場で、海事局当局者は3日水曜日に51個のコンテナを回収しました。

2日に発生した2隻の衝突により、51個のコンテナを積んだ1隻の貨物船の半分が水面下に沈みました。

この船は、「OPKグローバルロジスティック」に属する670トンの貨物船であるOPK3だと確認されました。

半沈没船から約500メートルのところに停泊中のNPパトゥムターニーがいました。
これは355トンの貨物船で、前部に損傷を受けました。

この事故による負傷者や死亡者の報告はありませんでした。

OPKグローバルロジスティクスマネージャーのワンチャイ氏は、OPKがサムットプラカーンのサハタイ港からチョンブリのレムチャバン港まで51個のコンテナを運航中だったと述べました。
そして沈没船から51個のコンテナを拾うためにクレーン船が配備されました。
その後、当局は巡視船を使用してOPK 3を川岸に向かって押し、船体から水を排出して傾きを修正します。
また、油が川に漏れるのを防ぐために、その周りにブイを配置しました。

作業は3日で完了すると予想しています。
その後、すべての船舶が通常どおり特定の地域を航行できるようになると当局は言います。

コンテナには、農産物や陶磁器が入っていました。

警察は、事故の原因を特定するために船の操舵手と目撃者に事情聴取を行っています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP