• 日. 12月 5th, 2021

隔離免除の初日、サムイ空港での検査&手続きに6時間待ち?!その理由とは…。

Byサイト運営

11月 2, 2021

11月1日、条件を満たした旅行者の隔離検疫が免除された初日、バンコクのスワンナプーム空港を降り立った人々は、特に大きな混乱もなく、手続きもスムースだったと聞いています。
ただ、タイ南部のリゾート島では、ちょっとうまくいかなかったようです。

この日、サムイ島空港には、国際観光の再開日にたくさんの観光客が訪れていました。
しかし、訪問者たちは空港全体でチェックをしているスタッフが2人しかいないと不満を口にしていました。

ただ直前では、低リスク国に指定された63か国からの人々の到着を歓迎するために、空港長、観光当局、業界役員らが加わった式典に数多くの要人らが参加していました。

この日、450人の観光客が搭乗する12のフライトがありました。

しかし、当直のスタッフは2人しかいなかったため、観光客は綿棒のテストとそれに続く手続きに6時間の待機が必要でした。

サムイ行政区長であるティーラポン氏は、外国人の到着を容易にするためにいくつかの調整が必要であると述べました。
他のすべては準備ができていた、と彼は主張し、すべての地元の人々はワクチン接種済みであり、観光業界で新型コロナを持っている人は一人もいなかったと語りました。

どこもかしかも「準備は万端だ!」と大きな自信を持って宣言するのですが…、まあ、タイですから。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP