• 日. 12月 5th, 2021

【タイ】11月から始まる規制緩和や変更点について。

Byサイト運営

10月 30, 2021

10月29日Covid-19状況管理センター(CCSA)は、11月1日から適用される、各都県の再ゾーニングや一部の地域の飲食店でのアルコール禁止の解除など、Covid-19対策の緩和を発表しました。

CCSAのスポークスマンタウィーシン博士によると、最大かつ厳格に管理されている行政区、つまりダークレッドゾーンは、チャンタブリー、ターク、ナコンシータマラート、ナラティワス、パッタニー、ヤラー、ソンクラーの7つの県に縮小されています。

チョンブリーは、最大管理区域またはレッドゾーンに区分されています。
一方バンコクはパイロット観光エリアとして、クラビー、パンガー、プーケットの「ブルーゾーン」に加わりました。 

政府はまた、ブルーゾーンの4つの都県とイエローゾーンの飲食店でのアルコール販売の禁止を解除します。

しかしバンコクでは、詳細と承認を得るために、金曜日の午後にバンコク都(BMA)が結論を保留しています。
実際、飲食店でのアルコール販売を許可するかどうかは、各行政区の知事に依存します。 

他の観光ゾーン(フアヒン、パタヤ、チャアム、チェンマイなど)が飲食店でアルコールを販売できるかどうか、または知事が許可できるかどうかについては、まだクリアになってはいません。

夜間外出禁止令は、7カ所のダークレッドゾーンでのみ23時から翌3時まで適用されます。
その他の地域では、解除されます。

教育機関は、既に各行政区の疾病管理委員会の承認を得たところから、対面授業が開始されます。

デパート、市場、映画館、劇場、コンビニエンスストアは、暗赤色地帯の県を除くすべての都県で通常の時間帯に運営できます。
しかし、アーケード、ゲームセンター、遊園地などの一部の業態は認可されませんでした。

これらの緩和策はすべて、11月1日月曜日に実施されます。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP