• 土. 11月 27th, 2021

11月からのタイ入国について、その概要。

Byサイト運営

10月 29, 2021

11月1日より、指定の低リスク国からの2回のワクチン接種済み旅行者は、隔離検疫せずにタイを訪問することが可能となります。
ただしCOVID-19陰性証明書や旅行保険など、安全上の理由からいくつかの要件が導入されています。
また、ワクチン未接種の方は、到着後10日間の隔離が必要となります。

46カ国の検疫が免除された旅行者は、承認されたCOVID-19ワクチン接種済みの証明書を受け取っている必要があり、出発前にRT-PCR法を使用したCOVID-19検査による陰性証明書を提示する必要があります。

このグループの旅行者は、到着した夜にSHAPlus認定ホテルで、少なくとも1泊予約する必要があります。
到着後に別のRT-PCR検査が行われます。
RT-PCR検査の結果が陰性となった場合、旅行者はホテルの部屋を出て国内を自由に旅行することが可能となります。

さらに、6日目または7日目に自分自身で検査するための抗原テストキットが提供されます。

このような検査要件は12歳以上の子供に適用されます。
すべての要件を満たす両親と一緒に旅行する12歳未満の子供は検査が免除されます。

この隔離検疫なしのカテゴリーは、タイ国民の帰国を含め、出発前に21日間連続して46の低リスク管轄区域に滞在した旅行者に適用されます。

低リスク国以外の地域からの旅行者、および出発前に必要な滞在期間を過ごしていない旅行者は、同じ予防接種と出発前のテスト要件が適用されるサンドボックス適用エリアに到着することができます。

サンドボックスエリアに到着する旅行者は、地元のSHA Plusホテルに少なくとも7泊の滞在を予約する必要があります。
このグループの旅行者は、タイで2回のRT-PCRテストを受けます。
1回目は到着後、2回目は滞在7日目になります。
これらの旅行者は、2回目のテストで否定的な結果が出た場合、サンドボックスエリアを越えて旅行することが許可されます。

サンドボックスグループの旅行者は、携帯電話に「モーチャナ」アプリをインストールする必要があります。

一方、完全なワクチン接種を受けていない旅行者は、SHA Plusホテルの1つで10日間の検疫プログラムを予約する必要があり、検疫期間中はホテルを離れることはできません。
このグループの旅行者は、到着日にRT-PCR検査を受け、検疫の8日目または9日目に2度目の検査を受けます。

すべての旅行者は、最大5万米ドルのCOVID-19治療費をカバーできる旅行保険に加入する必要があります。
ちなみに以前は、補償額10万米ドルでした。

旅行者は、タイ大使館または領事館に入国証明書(COE)を申請する必要がなくなります。
代わりに、出発の7
日前にウェブサイトhttps://tp.consular.go.th/で情報をオンラインで送信して、タイパスQRコードを取得する必要があります。
このコードは、到着時に疾病管理および入国審査で提示する必要があります。

※29日現在、タイパスのウェブサイトを開きますと、「タイパスは2021年11月1日の09.00に登録を開始します」と出てきます。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP