• 土. 11月 27th, 2021

スパライ社「市場は回復している」。第4四半期に4つの大型プロジェクト

Byサイト運営

10月 21, 2021

タイ証券取引所(SET)に上場している開発者のスパライ社は、新しいコンドミニアムの立ち上げを1年以上凍結した後、第4四半期に合計57億4000万バーツに相当する4つの新しいコンドミニアムプロジェクトを立ち上げると発表しました。
同社は、市場は回復しているとみています。

マネージングディレクターのトリテーチャ氏は、住宅市場は、2021年8月下旬以降、プロジェクトサイトを訪れる顧客の数が増加し、徐々に回復していると語ります。

マンション市場は2019年から50%縮小しました。
2021年も引き続き下落すると予想しています。

しかし、第4四半期には大量の新築マンションの発売が計画されています。
その結果、今年の新築マンションの総供給数は昨年と同等になります。

不動産コンサルタントのコリアーズインターナショナル・タイランドによると、バンコクの新しいコンドミニアムの供給は、第1四半期に3,608戸、第2四半期に2,471戸、そこから第3四半期には5,393戸へと増加しました。

しかし、コリアーズのリサーチ&コミュニケーション部門は、実際の量は8,000ユニットを超えると予想しているとみています。

スパライのトリテーチャ氏は、先月市場が底を打ったため、同社では今年の第4四半期に4つの新しいコンドミニアムプロジェクトを開始すると述べました。

10月30日に開始する予定の新しいコンドミニアムプロジェクトの1つは、「Supalai Premier Samsen-Ratchawat」で、248ユニット、15億バーツに相当します。
対象となる顧客は、地元の人々とその地域で働く人々、特に医療スタッフです。

同社はまた、ユニットの予約に関心のある顧客の数が増加したため、発売期間中のプリセールス目標を、今年の初めに目標としていた60〜70%から80〜90%に上方修正しました。

スパライが立ち上げる予定の他の3つの新しいコンドミニアムプロジェクトは、合計40億バーツに相当するバンコク首都圏の2つと、2億5000万バーツに相当する地方のプロジェクトで構成されると同氏は付け加えました。

2021年の最初の9か月間に、スパライ社はプリセールで175億5000万バーツを記録しました。
これは、低層住宅から137億4000万バーツ、コンドミニアムから38億1000万バーツで構成されています。
すべてのコンドミニアムのプリセールスは、既存の在庫からのものでした。

2021年のプリセールス目標である270億バーツを維持しました。

あくまでも売りたい側が語る言葉ですので、ご自身で住むのならともかく、投資用に購入するのは今はあまりお薦めしません。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP