• 月. 10月 18th, 2021

タイは国際スポーツ大会をが開催できない? 世界アンチ・ドーピング機関より除名処分に。

Byサイト運営

10月 8, 2021

タイでは今現在、世界選手権を開催することができなくなりました。

10月7日木曜日タイ、北朝鮮、インドネシアは、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)によって規定を遵守していないと宣言されたため、アジア選手権や世界選手権などを主催する権利を授与される資格が亡くなってしまいました。

また3か国の代表者は、自国が復帰するまで、または1年間のいずれか長い方の期間、委員会の委員会のメンバーに就任する資格もはく奪されます。

3か国の選手は、アジアた世界の選手権に出場することができますが、オリンピック以外では国旗は掲げることも許されません。

WADAは声明の中で、北朝鮮とインドネシアの国家ドーピング防止機関(NADO)は、効果的な検査プログラムを実施していないとして非準拠国であると裁定されたと言います。

タイへの不認可は、2021年のアンチドーピングコードを完全に実施できなかったことに起因しているようです。

先の東京オリンピックで、スポーツへの関心も高まっているタイですので、不備があるようなら現場で頑張っている選手の為にも早く対処して欲しいものです。
少なくともこの3か国の仲間入りは、非常に不名誉だと感じて欲しいものです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP