• 月. 10月 18th, 2021

デモ隊との闘いで活躍の放水車。修理代に4700万バーツ!

Byサイト運営

10月 6, 2021

首都圏警察本部(MPB)は10月5日、民主化反対運動で配備された5台の放水車が修理の必要があることを明らかにしました
修理費用は、4700万バーツ(約1億6千万円)するとのこと。

この放水車は、バンコクでの数か月にわたる抗議の中で、破壊、損傷の後が顕著となったため、この日5台の放水トラックの最も適切な修理費用を提供したメーカーの入札者を発表しました。

発表によると「K Tree Corporation」社は、政府が指定した資格と価格基準に合格し、VAT、その他の税金、交通費、登録料、その他すべての費用を含めて47,080,000バーツの価格を提示し、落札されました。

伝えられるところによると、給水車は韓国のメーカーから1台あたり2500万バーツ(約8500万円)の価格で購入されました。
これらは、2020年10月16日にバンコクのパトゥムワン地域で行われた大規模な民主化反対運動で初めて公に登場し、使用され、それ以来、首都のいくつかの集会で活躍していました。

このニュースは、タイのSNS界でも話題となっており、批判を集めています。
特に、抗議を分散させるために使用される機器の修理に使用されるお金は、Covid-19との戦いや一般市民の支援、対話の追求に使用される方がよいと述べてます。
しかし、タイ政府はこれに同意せず、平和を破壊する破壊的要素から「国民を保護する」ために装備が重要であると主張しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP