• 金. 9月 17th, 2021

タイ観光庁、バンコクなど5カ所の隔離検疫免除に向け準備粛々。10月1日から。

Byサイト運営

9月 15, 2021

タイは、「One SOP、One System」(OSOS)ポリシーを採用し、今年中にすべてのパイロットエリアの強制検疫と封鎖ルートの両方を廃止し、新型コロナ検査のコストを半分に削減するため、再開モデルを再考しています。

パタヤ、チェンマイ、フアヒン、チャアム、バンコクの5つのエリアの再開計画は、10月1日からワクチン接種された観光客の受け入れを開始するために、来週にもCovid-19状況管理センター(CCSA)に提出されます。 .

この計画では、すべての行政区が同じSOP(標準作業手続き)を適用し、観光客が各地の指定されたエリア内を自由に観光できるようにしますと、タイ国観光庁のユタサック長官は述べています。

観光客は「モーチャナ」アプリをアクティブにし、「SHA Plus」マネージャーによって毎日のチェックを行うなど、決められたガイドラインに従えば、検疫されたりツアープログラムの下で観光することなく行動することが可能になります。

同局はまた、プーケットサンドボックスとサムイプラスの両方で過去数ヶ月の再開プログラムの障害となっている、3つのRT-PCRテストの価格を約8千バーツから引き下げることについて保健当局と話し合っていると述べています。

注:これはまだ決定されたものではありません。
これまでも観光庁の提案は、何度も却下されたり、内容の変更を余儀なくされてきました。
先ずはCCSAの決定を待ちましょう。
(最終的にはロイヤルガゼットの発表を持って本決まりです)

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP