• 火. 9月 21st, 2021

クラトム合法化。ただし、レストランやカフェでの販売は禁止です。

Byサイト運営

9月 11, 2021

タイは、伝統的な薬草としての認識のある「クラトム」を合法化しましたが、その取扱いには十分に注意が必要です。

クラトムの葉は、自由に植えることができ、使用し、所有し、販売し、生で煮て(他の成分と混合せずに)飲み物として配布できますが、食品の一部として調理したり、ハーブジュースや飲み物の調合品を販売したりすることは依然として違法だと、9月9日ソムサック法務大臣は述べています。

クラトムは、2021年8月にタイで合法化されたと報道されていますが、それはレストランやカフェで近い将来いつでも見られるという意味ではありません。
未調理の新鮮な葉を噛んだり、栽培したり、所有したり、販売したりすることは違法ではありません。しかし、クラトムをハーブ製品として調合などが必要な場合、公衆衛生省の医薬品法の下で許可を申請する必要があります。さらに、調理、混合、ブレンド、シェイク、または同様のプロセスを伴うクラトムを含む製品の販売は違法だと同大臣は強調しています。

公衆衛生省の食品法により、食品や飲料にクラトムを混ぜたり組み合わせたりすることはまだ許可されていません。
違反者は6か月から2年の懲役、および5,000から20,000バーツの罰金、またはその両方が科せられる可能性があります。
本質的に、レストラン、カフェ、コーヒーショップでは、クラトムの葉を利用した食品などの販売は違法です。

しかし同省は、クラトムのさらなる使用を可能にするために、これらの法律の多くを修正しようとしていると述べました。

大臣はまた、公衆衛生省は、ハーブ製品、医薬品、食品、化粧品に関連する制限がまだあり、完全な品質を引き出すことを不可能にしているため、植物の使用に関するいくつかの法律を改正することを計画する必要があると述べました。

米国など一部の保健当局は、クラトムの安全性をその依存性などの観点から疑問視しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP